News

Newsお知らせ

弱酸性のトリートメントが髪質改善に効果的な理由

2020.03.20

ヘアトリートメントの役割

①ダメージを軽減

トリートメントには、ヘアカラーやアイロン等によって受けたダメージを補修する効果があります。カラーの回数が多い方や髪の傷みが目立つ人は、それに伴ってトリートメントの回数も増やした方が良いでしょう。

②髪に潤いを与える

シャンプー後に使用することで洗髪後の髪に潤いを与えるのもトリートメントの役割の一つ。それにより、髪に艶を出して美しい見た目へと生まれ変わらせてくれます。

髪質改善ヘアトリートメントはなぜ弱酸性?

人間の肌や髪は酸性のたんぱく質によって構成されています。酸性の段階はpH1~7の中に当てはめられるのですが、頭皮・髪は平均的にpH5.0程度と言われており、酸性の中でも弱酸性に該当します。それにより、同じく弱酸性のヘアケア用品は肌によく馴染んでダメージを与えにくいんです。また、酸性には髪の状態を引き締める効果があるので髪質改善にも効果を発揮してくれます。強すぎる酸性はpHが離れすぎてしまうので使用しないようにしてください。

 

アルカリ性は避けた方が良い理由

アルカリ性のヘアケア用品を使用した場合、髪の持つ弱酸性の性質と対称的であることからキューティクルが傷つきやすいです。また、人間の身体にはバランスが崩れると元に戻そうとする力があるので、アルカリ性から弱酸性に戻すために強酸性の皮脂を出す恐れがあります。それが頭皮に負担をかける原因となり得るため、やはりアルカリ性のトリートメントは選ばない方が良いでしょう。

 

大阪市鶴見区のオーガニックサロンTuraum(Türaum)ではカットやカラーをはじめ、トリートメント、縮毛矯正等の施術も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから→https://www.turaum.com/contact.php